1. HOME
  2. ブログ
  3. 講師
  4. コーチングにとって必要な信頼関係とは

BLOG

ブログ

講師

コーチングにとって必要な信頼関係とは

コーチングプレイス 講師のみこりんこと西脇です。

9月から、新たな講座を受け持つことになり、

益々、講師としての責任の重さと勉強の必要性を実感しています。

第1回目の講座で出る宿題の一つが、

「あなたにとって信頼とはどういうものですか?」

というものです。

コーチングにとって欠かせない信頼関係、

それを考えるためにも取り組んでいただきたい課題です。

コーチングに信頼関係が必要な理由

第1回目の講義では、

コーチングの基礎知識をお伝えしています。

その最後にとどめのように出てくるのが、

「信頼関係」の大切さです。

なぜコーチングに「信頼関係」が大切か、

それを語るといろいろな答えが出てくると思います。

この講義で伝えていることは、

クライアントの気づきを促し、行動につなげるためです。

クライアントは、コーチの問いかけに対し、

自らの中にある思いを言葉にすることで、

普段気づかないことや忘れていることに気づきます。

そのためには、

コーチに何を話してもいいと思える関係が必要です。

それがないと、

クライアントの思考にブレーキがかかったり、

言葉にするのを躊躇したりすることになります。

答えはクライアントの中にあるため、

クライアント自身がそれを引き出す過程を止めてしまったら、

どれだけ時間をかけようと、

どれだけ対話を重ねようと、

大切な答えに行き着くことは難しいでしょう。

クライアントが心を開き、

内側にある思いを安心して話すことができる関係性を築くことは、

スキルを磨くこと以上に重要なコーチの仕事なのです。

コーチングプレイス の講義では、

回を追うごとに、受講生同士が信頼関係を作っていける

プログラム構成になっています。

これは、全部通して受けてみて気づくことで、

ことさらに、スキルで教えることはしていません。

それでも、講義が後半に近づくにつれ、

受講生同士の関係が作られていくことは

実感できると思います。

「信頼」を言語化すると起きること

第1回目の宿題では「信頼」について言語化することが出されます。

「信頼」とよく使う言葉ですが、

それを言葉にして説明する機会はそれほどないと思います。

一人一人が、自分の価値観や経験に基づき、

曖昧な概念を言語化していきます。

あなたにとって、「信頼」とはなんですか?

ちょっと考えてみてください。

私にとっての「信頼」は、

ジャッジすることなく

まるっと受け入れること、認めること。

これを私に教えてくれたのは、

小学校の教え子達です。

子どもたちとの間で何か問題があったときは、

この「信頼」を思い出し、

「そうそう、ジャッジしないんだ、

これがこの子なんだ」

と思い直すことで、

関わり方を変えていくことができました。

コーチになった今でも、

私にとっての「信頼」は変わらないなあって思います。

こうやって言語化することで、

自分の行動を振り返り、

その想いに沿って修正していくことができるのです。

つまり、自分の言葉の通りに、

自然に行動が導かれていくのですよ。

これは言葉の魔法でもありますね。

さて、今回のクラスでは、

どんな「信頼」のイメージが出てくるのかな、

それを聞くのが楽しみです。

きっと、その言葉通りのコーチに6ヶ月後はなっているはずです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

【今日のキーワード】

オートクライン:自分で発した言葉が自分自身に作用することです。自分で話した内容、言葉を自分で聞いて、考える、気づくという効果があります。

信頼関係:コーチングセッションでは、クライアントが安心して自分の思いを話せるように、コーチとの信頼関係を築くことが必須です。そのためにコーチは、自分にとっての「信頼」を言語化することで、その意味を再認識することを進めています。

 Kindle出版しました!

学校の先生経験約30年の中で培ったことを17のスゴ技にまとめたものです。

がんばってる先生や、教えることに関わってる方、ぜひ読んでみてください。Kindle Unlimited対応です。

「あなたもすごい先生になれる17のスゴ技!!」

https://amzn.to/2YFJ07o

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事